プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お茶事」

茶事02

 本格的に「お茶事」(茶懐石膳)を経験してきた。
お茶を数年お稽古しているが、席入・懐石料理・お酒・濃茶点前・薄茶点前・退出と、一連の作法を通す、お茶事の稽古は初めて。

《16-50mm   F2.8  1/5秒 -0.3補正》

続きを読む »

スポンサーサイト

春のお茶会

棗

 春のお茶会に出席。
もちろん客ではなく、おもてなしするほう。

お茶会でのお点前は、2回目のまだまだ初級者。
しかしながら、なんとかお茶を点てて、皆様をご接待致しました。

ただ、棗と茶筅の立て位置を違えるという些細?なミスを除いては・・・。
まだまだ未熟者と自覚する次第。
うーん、実に奥深い。

《16-50mm   F2.8  1/10秒》

最後のお茶。

瀧


 平成19年度。最後のお茶のお稽古でした。
申し合わせ等で出席が遅くなった結果、今年度全社中の中、最後のお手前稽古と一服のお茶を頂戴する事になりました。
今年度のトリのお稽古を勤めた事は、実に趣があります。

《18-70mm   F22  1/8秒》

 瀧の白濁部分が白飛び(露出オーバー)してます。
シャッター速度を落として、激しい流れをボカしたいのです。絞りはほぼ限界なので、NDフィルター等を使用すべきと思うのですが・・・。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。