プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸し暑い夜

RED

 今日も梅雨とは思えない蒸し暑い晴天。
大阪での能楽養成会。 出演の諸氏は汗をかいての熱演でした。

ゆっくりと休みたいものの、この週末の東京公演の準備に追われてバタバタと・・・。
少しだけ目処がたったものの、今度は頭が冴えて寝られない

近所の川でホタルが出ているらしいので撮りに行きたいけど・・・来月までいるかなぁ。

画は、ホタルのような雰囲気だけでも。
でも、ちょっと違うか・・・。


《IXY-D 10》
スポンサーサイト

しばし休憩。

隆

 研究会の帰りに、しばし休憩。
地元の、大手餃子店(この店に限りウマい!)に、ふらっと立ち寄ると、偶然飲み友達の”お二人”と出会う。3人で何やかやと、冷えたビールと”餃子”をつまんだ後に、そのまま鳥屋へ。

葡萄酒の気分だったものの、美酒の入った冷蔵庫の中に「隆」の文字の入った酒瓶を発見。
好奇心に負けて、これを選択。

しっかりとした糖分とふくよかさがある純米酒。
しばし、ゆったりとした晩でした。


《IXY-D 10》

第7回「善竹兄弟狂言会」 無事終了

Flower621A

 おかげさまで大阪公演、無事に終了致しました。

懸念された「梅雨の雨」もそれほどでもなく、午後には晴れてきました。

多くの皆様にご来場いただき、ありがとうございました。


《60mm Micro   F6.3  1/60秒  内蔵ストロボ発光》

続きを読む »

梅雨空

BlackBird

 梅雨入り宣言の時に、少しだけ降った雨。
中休みというには、あまりに長い晴天だったが、ようやく雨が降り出した。
しかし、「善竹兄弟狂言会」大阪公演の日というのは、なんだかなぁ・・・。
まぁ公演開催が6月下旬では、降ってあたりまえなので仕方がない。

昨日は、能「頼政」を勤めてきた。
先日の、能「兼平」と同様、劣勢の戦局の中主君を逃がす為に最後まで戦い抜き、
自害する武士の曲。

負修羅能の大曲・稀曲が続いて、ここ最近少し難儀でしたが・・・これも仕方がない。
このような間狂言は、嫌いではないようだと認識。

さて、本日の第7回「善竹兄弟狂言会」
足下が悪いと思いますが、どうぞしっかりと雨天対策の上、気をつけてお越し下さい。
お待ち申し上げます。


画は「八咫烏」ではなく、普通の「ハシブトガラス」。

《55-200mm   F11  1/500秒  -0.6補正》

世相

道路

 湊川神社前の中央幹線で信号待ちをしたら、ふと駐禁の取り締まりを見かけた。
至近の牛丼屋前に止めた個人タクシーを、民間駐禁取り締まり員がお仕事中だった。

おそらくこのタクシーの運転手は、牛丼屋で昼食中。
景気低迷の中、食費をきりつめつつの昼食だろう。

しかし、外では駐禁取り締まり。しかも反則金10,000円(高級フレンチコース相当)。

節約した数百円の昼食を終えて、仕事へ戻る運転手さんが見たであろう「駐禁ステッカー」。




心中、いかばかりか・・・。



このタクシーの駐車が違法か合法かを論じる気はありません。
広い幹線で、路側帯があって、短時間であれば迷惑をかけないと思われますが・・・。

民間取り締まり員も、法にのっとって仕事をしただけ。

なんか、ここ最近の社会構造が、殺伐としたものになりつつある気がして、残念でした

《IXY-D 10》

近況

ヴァンムスー

 
 梅雨入りしたのに、連日の蒸し暑い晴天続き・・・。
舞台上は、あまり空調も効かずに暑いあつい。

煩雑な作業をこなしつつ、この更新も滞るものの、まぁ息災でやっております。
昨日は、演劇科授業のあとに、20日(土)に催される「卒業公演」の通し稽古を見てきました。

まだまだ課題が見受けられましたが、残り少ない時間でしっかり追い込みされるでしょう。
良い舞台となるよう期待です。

さて外食や中食が多かったので、昨晩は久々に自炊を。

といっても、市販の「麻婆豆腐の(素)」で、野菜を大量に補完した”それ”を作って食しました。
以前にどんなものか教わったのですが、こんなに便利なモノがあったのですね。
適当にアレンジが出来て極めて便利。夏のキャンプでも持っていこうぞよ!。

画は、先月のお誕生祝いに頂いた「葡萄酒」。
普通の白葡萄酒と違い、発泡性で旨味のあるものでした。


《60mm   Micro   F3.0   1/3秒   ISO640》

何気なく見たら・・・

鳥

 窓外に「とり」。
草むらに何かあるのか・・・ずっとそこにいた。


《IXY-D 10》

黒月

 
  
  

「善竹兄弟狂言会」(大阪・東京公演)

善竹兄弟狂言会

 
 今月中旬以降、「善竹兄弟狂言会」《大阪・東京》公演を催します。


「善竹兄弟狂言会」
《第7回大阪公演》
【日時】6月21日(日)午後2時開演  開場午後1時
【会場】大阪能楽会館
【料金】一般前売3,800円 学生前売2,000円
【番組】
式楽「三番三」    善竹隆司 善竹隆平
和泉流狂言「簸屑」 野村小三郎
大蔵流狂言「千切木」 善竹隆司 善竹隆平 善竹忠一郎 大藏千太郎 他

《第2回東京公演》
【日時】6月28日(日)午後2時開演 開場 午後1時
【会場】渋谷セルリアンタワー能楽堂
【料金】一般前売 5,000円  学生前売2,500円
     一般当日 6,000円  学生当日3,000円
【発売所】ローソンチケット《Lコード 34841》
      TEL(0570)084-003
大蔵流狂言善竹会 (078)822-3948

【番組】
狂言「佐渡狐」 善竹隆司 大藏千太郎 善竹十郎
狂言「栗焼」   善竹隆平 善竹富太郎

飯沢匡 作  武知鉄二 演出
新作狂言「濯ぎ川」
善竹隆司  善竹隆平  善竹忠亮


続きを読む »

「麺」

麺

 今日は、稽古帰りに神戸新開地まで足をのばして、うまい「拉麺」食べてきた。
もう十年ほど・・・きまった曜日のきまった時間に行くので、馴染みのお店。

店までの車中で、何を注文するかが結構楽しかったりする。
今日は「白チャーシュー麺」で、チャーシューの配分は”いつもの”でお願いする。

丼も見えないほどに並べられた「肉」。
ほんとに”しっかり系”の拉麺だけど、稽古帰りの空腹を満たすには至福の一杯。

今日も旨かった!。


《IXY-D 10》

代車

代車

 今月はクルマの車検月。
特に問題もないので、迷う事なく車検に。

いつもの事ながら、馴染みのセールス氏は「楽しい代車!」を提供してくれた。

SUV型ワゴンながら2.5リットルの過給器機関で高推力。
しかもステレオ映像カメラによる自動運転サポート装置付き。
前走車が止まればブレーキにまで介入して、自動的に停止してくれる”ハイテク車”でした。

意地悪くどこまで対応するか・・・混んでる「阪神高速環状線」を”自動運転”で走行するも、急な割り込みにも的確に反応して自動ブレーキ!・・・かえってドキドキするものの、ハンドル操作のみの半自動運転。

ここまで技術は進歩したのですね

この手の技術(自動的運転補佐)にはあまり興味が無かったものの、なかなか優れものでした。
クルマに人格が備わっているようで、不思議な感じ・・・。

《IXY-D 10》

おついたち。

green

 気がつけば「6月」
平成21年も、もう半分を過ぎようとしているのが驚き。

今月は、「善竹兄弟狂言会」の公演月。
瞬間的に過ぎ去るのだろうな・・・。


《IXY-D 10》

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。