プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天神祭

天神祭

 大阪では「天神祭」が終われば「夏」がはじまるそうだ。

しかし、いまだ梅雨はあけず今年の「船渡御」は空模様を気にしながらの公演となりました。

「能船」は大型の”はしけ”に舞台と観客席、楽屋を設営した固定船。
大川の中程に係留されて、その両側を船渡御巡航が行われます。

その能船、当日午前の豪雨で船底部の楽屋は水没していたとの報告があり、一同騒然。


《IXY-D 10》

続きを読む »

スポンサーサイト

曇天

日食市街地

 梅雨末期の豪雨、ほんとよく降りました。

今日の天文ショーも曇天が予想されていたので、
どうせ見えないだろうと減光グラスは調達しませんでした。


蝉の鳴き声も、なりをひそめたようになり、豪雨前のように暗く異様な雰囲気。
この暗い市街地でも撮っておこうとしたら・・・。


《16-50mm   F5.6   1/125秒  +0.6補正》

続きを読む »

トマト

トマト

 
 暑いあつい・・・。
もう梅雨明けを思わせる連日の猛暑。

そんな中、お社中から完熟ミニトマトを頂いた。
ひとつふたつ食べてみたら、やっぱり甘い。

けど完熟・・・賞味期限の猶予が少ないので、すぐにミートソースに。
暑い中、コトコト煮込む事1時間(いったい深夜に何をやっているのか

まぁ、なかなか上出来でした。


《60mm Micro  F20   1/60秒  外部ストロボ発光》

野外演習

明石海峡大橋

 毎年、この時期からはじめる”キャンプ”
例年、頻繁に行きたいものの、煩雑な用件におされて、なかなか行けない。
今回は平日にまとまった日程が確保できたので、梅雨の淡路島へ・・・。

本四会社の料金設定もあり、昔に比べて随分リーズナブルな費用で、橋を渡る事が出来た。

ずいぶん淡路島が近くなりましたよ。


《IXY-D 10》



続きを読む »

「鍬形」

クワガタ

 雨の夜。 

自宅へ帰る途中、廊下の壁面に黒い虫が。

例の嫌悪の対象の”よからぬ虫”かと思いつつも、よくよく見ると”クワガタ”じゃないか。
「コクワガタ」のオス。


クワガタ程度は、住居の明かりにつられて、たまにやってくる(嬉)。
カブトムシなら喜びも倍増なのだが・・・これらは、六甲の山中に入らないとね。

もちろん撮った後は、元の廊下の壁面に戻しましたよ。



《60mm Micro   F16  1/60秒  外部ストロボ発光》

「善竹兄弟狂言会」本年度公演終了。

kobe夜景
 
 先の28日(日)に東京公演も無事に勤め終え、本年度の「善竹兄弟狂言会」は終了致しました。
梅雨の降雨で足下の悪いなか、お運びいただいたお客様に厚く御礼申し上げます。

また出演者をはじめ、制作スタッフなど、関係各位にも御礼申し上げます。

来年度は、もう少し天候が安定した時期にしたいなぁと・・・誰よりも天気に”こだわる”私は、思案中です。


画は梅雨の中、雲底高の低い雲に覆われる神戸市街地。

《16-50mm   F10  25秒露光  -0.6補正》


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。