プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏の能

カタツムリ02

 好天に恵まれた5月最後の週末。

関西女流シテ方の皆さんによる能楽公演に出演してきました。

もちろん筋肉痛は無し。
出演の輩の中には、少しだけ痛そうな人がいましたが(笑)

盛況の中、私は能「半蔀」間狂言と、狂言「萩大名」の大名役。

どちらも「言葉」の多い曲目でした。


帰りのクルマは、久々に高速湾岸線をのんびり巡航。

見慣れない艦艇を横目に、ゆったりまったり帰路に。


もうすぐ夏至。

日の長さを実感。




画は、例のカタツムリ。
全く本文と関係ないものの、幼生がまだいました。

横の四角いものは、割り箸の先端。

《 60mm M  F14  1/60秒 外部ストロボ発光 》
スポンサーサイト

初夏の六甲

渓流

 同業の輩から、かねて誘われていた恒例の「六甲登山」

阪急芦屋川からロックガーデン。一軒茶屋から有馬への定番ルート。

今回は総勢20名弱。

私は、都合で途中より参加。
別ルートを単独で走破して、一軒茶屋手前で合流できました。



続きを読む »

カタツムリ

カタツムリ

 リビングにある観葉植物。

大小いくつかの鉢が、窓際に鎮座してます。

 普段、あまり細かい事は気にしないでいましたが、ある事がきっかけで、
今では毎朝必要に応じた水やりと、状態のチェックが欠かせません。

今朝もなにげに水をやってると、黒く小さな渦巻き貝がゆるゆる…。


それは直径5ミリ程度。



なんと「カタツムリ」の幼生でした。


観葉植物にあった卵がかえったらしく、その後も数匹確認。


のんびりしたユーモラスな動きがなんともかわいい。


しっかしこのままで良いのかな?。

新芽や根を食い荒らすと心配…なんとも判断がつきかねます。
どなたか知りませんか?。



《 60mm M  F11  1/60秒  外部ストロボ発光》

0523

BDケーキ

 私事ながら、昨日誕生日を終えました。

ウン十いくつになりました。

日付が変わってからの深夜にいくつかお祝いメールをいただき恐縮です

ひとつ年齢を重ねたぶん、しっかりと勤めよう!(スローガン)。


画は、先週にお祝いいただいた時の ”Le Hiro” のBDケーキ。
とてもおいしかったぞ。

《 IXY-D 10 》

「上方芸能」誌 第176号

上方芸能176

 今月発売の「上方芸能」誌《第176号》は、


特集「これが狂言だぁーっ!」


と、上方における狂言の特集です。

私も、現代関西狂言名鑑で掲載されております。

狂言について、あれこれわかりやすく解説してあり、入門書としても価値あるものです。

どうぞ書店でお求めいただけましたら幸いです。


ムーンウィンク

三日月10

 少し古い画像で恐縮。


5月16日の夕刻。

ふと見上げると、三日月の側に光点が・・・。

続きを読む »

たからづか能

杜若

「たからづか能」公演、無事盛会に終えました。

制作を担当されていた方が新部署に移られるとの事で、最後の公演。
今まで細やかな対応、ありがとうございました。
おかげさまで気持ちよく舞台に専念できました。


これから、新しく担当される方とのお仕事が楽しみです。
一緒に良い公演をつくっていきたいですね。


能は「杜若」
狂言は「貰聟」

宝塚北高校の生徒諸君が、大勢鑑賞に来てくれました。

画は、能「杜若」にちなんで、お花の先生が公演ホールのロビーに生けて下さいました。


初夏にふさわしい公演でした。


《 IXY-D 10 》

イヌ

0502

 昨晩、久しぶりに対面。

私の事を匂いでわかったのか、愛嬌のある笑顔で迎えてくれる。
(ちょっとうれしい)

しかしゴハンをくれる人でないと認識すると、私への関心はすぐに薄れるらしく、次に来る人にまた笑顔を…(複雑)


そこで、イヌに与えても良い「肉」を用意すると、今度は劇的に歓喜の対応(もっと複雑)。


まぁそんなものですね。

今度会う時には、美味いエサを用意してあげよう。


《 IXY-D 10 》

アルコールフリー

アルコールフリー

 TVを見ていたら、ノンアルコールビールの特集をやってました。

今までは微量のアルコールがあったものを、完全にアルコールカットしたそうで。
休肝日にと思い、各社飲み比べ。

暑い日のお風呂上がりなら、これもありかな。


《 60mm   F8.0  1/60秒  外部ストロボ発光 》

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。