プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作狂言「おさか」無事終了。

「おさか」会場

大蔵流による新作狂言「おさか」、昨日無事に初演終了しました。

あたりまえに呼ばれる「おおさか」の地名。
これは、いつ、どのような経緯で呼ばれるようになったのか。

おおさかの歴史を古代まで遡り、地勢的背景をからめながら、
上町学プロジェクト座長の河内厚郎氏による原案を元に、狂言の手法で紹介する新作曲です。

はとこの善竹富太郎君が東京から駆けつけての出演。
旅人「東人」役を見事に演じてくれました。

おかげさまで好評だったとの事。狂言脚本と演出を執り行いましたが、ほっとやれやれです。

「おおさか」という街のアイデンティティを再認識する狂言。

もっと多くの人にご覧いただきたく思っています。
近いうちの再演、楽しみです。

《 GR-D Ⅲ 》



続きを読む »

スポンサーサイト

新作狂言「おさか」

おさか

 新作狂言「おさか」を上演します。

追手門学院プロデュース 上町再発見講座
新作狂言「おさか」公演

【日時】11月23日(祝)午後2時開演
【会場】追手門小学校110記念ホール
【入場料】入場無料(要申し込み)
【お申し込み】http://www.otemon-osakajo.jp
       追手門学院大手前センターウェブサイトよりお申し込み下さい。
       TEL(06)6942-2788
【番組】

〈解説〉 「おさか」について 河内厚郎氏(上町学プロジェクト座長)
 
新作狂言「おさか」
(生國魂神社神主)善竹 隆司
(東人)     善竹富太郎
(大坂人)    善竹 隆平

〈鼎談〉  河内 厚郎氏
      大谷 祥子氏(吉崎御坊蓮如上人記念館館長)
      善竹 隆司

「おおさか」はいつ生まれたのか?
大阪という都会を知らない日本人はいません。しかし大阪という町がいつ頃誕生し、いつから「おおさか」と呼ばれるようになったのか?。
この新作狂言は15世紀の末に、蓮如上人が現在の上町台地を訪れた故事を紹介する事で、「おおさか」の地名が生まれた由来を広く知って欲しいとの思いから生まれました。都市のアイデンティティを問いかける作品でありたく思います。

大型牽引と大型起重機。

大型牽引

 あまり見ることのない、超大型トレーラー(スウェーデン国・スカニアA.B社製)と、
これも、あまり観る事がない超大型クレーン車を発見。

どちらも鮮やかな朱色の塗装で、ショッピングセンターの外観吹き抜けにて静かに待機中。
 
交通量の減った深夜に、このお店と特急停車駅とを直接つなぐ空中歩道の桁を敷設するそう。

あまりの巨大さに、ついつい撮ってしまいました。

写真では、あまりわかりませんが、ほんとデカイ!

《 IXY-D 10 》

「上方伝芸ナイト」 狂言編

山本能楽堂N

 今晩は、山本能楽堂に於いて「上方伝芸ナイト」狂言編公演でした。

毎回上方の伝統芸能が一晩に介する催しでしたが、今回は特別に和泉流・大蔵流茂山家・大蔵流善竹家の狂言3曲と、桂春蝶くんによる司会進行と落語でした。

今回は流儀や各家の演じ方の違いなど、また違った側面で、狂言の魅力にふれてもらったのではないでしょうか。
私も、それぞれの舞台を拝見して、なるほど!と思った次第です。

また新春に開設します、山本能楽堂の狂言お稽古場案内も今回、告知致しました。
大阪市内の中央に位置する山本能楽堂。

お勤め、または学校帰りに狂言のお稽古で大いに笑って楽しみませんか。
詳細は大蔵流狂言善竹会ウェブサイトで。

ご入門、お待ちしております。

画は、夜のとばりに映える山本能楽堂正面。

《 IXY-D 10 》

葡萄新酒

ヌーボー'10

 新酒の季節。

今年のボジョレーヌーボを飲みました。
例年はお店で、解禁あたりに飲むのですが、今晩はおとなしく自宅で楽しみました

おつきあいのある酒屋さんで調達。
この銘柄はノンフィルターなので、鮮やかなルビー色ではないです。

さて、

例年おいしいっ!と言われますが…

今年調達したコレは、とても良かった!

記憶にある限りでは、私にとってホントに一番かも。

香り豊かだけでなく、しっかりと後口に酸味と厚みがあって旨い!。

今年のこの銘柄特有〈 CAVE DE BEL-AIR  BELAIRISSIME  2010 〉なのか、どうなのか!?。

他とじっくり飲み比べねばなりませぬ

《 GR-D Ⅲ 》

35

35

Rollei 35 

譲っていただいた。

思いもかけずの事、

いただいて良いのか困惑の反面、本当に嬉しい!。

しかも希少の独国製初期モデル。

レンズは「カールツァイス・テッサー 40mm F3.5」


描写はさぞ美しいだろう(期待)。


しかし

添付の説明書は

全て…

「英語」

誰か〜訳してね!!


《 画はコンパクトカメラの大先輩を、 GR-D Ⅲで撮影。 》

黄色

黄色

 昨晩から、どうも曇っているなぁと思っていたら、

案の定

「黄砂」

季節外れと違うかな・・・クルマにも今朝降った雨の跡に、黄色い砂がうっすらと。

これは迷惑だわ。


また今日は大槻自主公演で能「玄象」に出演。

「琵琶之伝」という小書(特殊演出)で、前シテが本物の琵琶を弾いておられました。

この能は、琵琶の名手・藤原師長が、琵琶の秘曲を極めたく思い、唐(中国)へ渡ろうとする。
しかし平安時代に名執政された村上天皇が幽霊となって老人の姿で現れ、
師長の前で素晴らしい琵琶の演奏を披露し、日本もまだまだ捨てたものではないぞと、
入唐をあきらめさせるお話。


神戸も隣国との国際問題で、連日の報道。
捜査に無理があるなら、無理せずに、そっと静かにしてほしい。。。・・・無理か!?。 

《 60mm M  F5.0   1/60秒  外部ストロボ発光 》

彗星

ハートレー彗星

 昨晩は、ちょっと遅くまで外出。

帰りには冷たく済んだ空気でオリオン座がキレイに見えた。


ということは、この秋注目の「ハートレー彗星」も見えるかも


神戸の明るさでは、肉眼では到底見えないけれど・・・
一眼レフの高感度ならばなんとかなるかと。


少しほろ酔いなので、面倒な準備作業も勢いでこなしてしまうのがわかる。


「プロキオン」を目印に、右に「オリオン座」

寒い夜中に暖かいウィスキーを側に置いて何枚かひたすら撮影。

もう何をやってんだか・・・。


今日になって冷静に画像確認するも、どれが彗星かわからない


写っていないはずはないので、意地になって調べると、やっとめぼしい星を発見。


6等星らしいので、たぶんコレでしょう。


これにしておきます。


《 16-50mm   F5.0  31.2秒  ISO2000 》

十三

十三

 友人夫妻の案内で、「肉!」を食べに十三へ。

モウモウとした煙とコテコテの雰囲気の中、至極の焼き肉でした。


《 IXY-D 10 》

パンプキンプリン

パンプキン

 帰り道。

子供連れの集団が、傘を差しながらトボトボ歩いている。

雨の夜なのに怪しい…。



手には何やら花を持参。


お供えか???。



帰宅してニュースで判明。

今晩が「ハロウィン」なのですね。

画は、最近食べてみた「パンプキンプリン」

これなら食べれるわ!。


《 IXY-D 10 》

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。