プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大失態

JAF

 やってしまった大失態。

「バッテリー上がり」


恥ずかしっ


《 IXY-D10 》 

続きを読む »

スポンサーサイト

CM

苺

「コンニチワン」

「アリガトウサギ」

「サヨナライオン」

「タダイマンボウ」

「ゴチソウサマウス」 etc・・・


これが流れると、ついつい見てしまう。

ポポポポーン!! 何気に鼻唄で歌ってしまう。


困ったものだ。。。


・・・オヤスミナ サイ。


《 GR-D Ⅲ 》

七日目

ume

 
 あの日から今日で1週間。

未曾有の震災に、悲しくて仕方ない。

連日の惨状を伝える報道に、16年前の状況が思い出され


息がつまる思いです。





 七日前は、神戸東部にいました。

やや寒い日で曇り空の中、粉雪が舞ってました。

思えば、あれが史上最悪な震災前の、最後の平和な一時だったのか。


私は待合室で、1面で首相の外国人献金問題を大袈裟に伝える新聞を読んでました。


そばのTVでは、くだらない再放送のバラエティをやってました。


ふと画面上に、東北で地震を伝えるテロップが掲示。



そこには見た事もない規模で、強烈な震度の数値が…。



これは大変だと思った瞬間、私も揺れてました。



ゆったりとした周期で、大きな船に乗っているような感じ。

大きなつり下げ式照明が、ゆっくりと左右に揺れてました。


周囲の人は、全く気づいてない様子。


やがてTVは全面的に切り替わり、関東圏での被害を映し出す。


震災を経験した者として、直感的に震源域の東北では非常に憂慮すべき状況と理解しました。


1000キロも離れた、ここまで揺れるとは…。






あれから1週間。

毎晩深夜まで、刻々を深刻度を増す原発の状況を伝える報道番組に釘付け。



毎朝TVをつけるときが…


怖くてたまらない。



最悪な結末を迎えない事を切に願います。


《 GR-D Ⅲ 》



| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。