プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年度「大阪文化祭賞」受賞

大阪文化祭賞

 
 この度、平成23年度「大阪文化祭賞」を、善竹隆司・善竹隆平が受賞しました。

6月の第9回「善竹兄弟狂言会」に於ける、狂言「朝比奈」の成果としていただきました。

隆平とともに主催してきた「善竹兄弟狂言会」も9回を重ねるに至りました。

毎回、あれこれと試行錯誤しながら取り組んできた事を、ご評価いただいたと大変嬉しく思っております。

これを励みに、引き続き鋭意研鑽をつんで舞台を勤めてまいります。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

                            善竹 隆司  善竹 隆平
スポンサーサイト

小学生新聞

小学生N
 
 今日は、全国紙小学生新聞の取材を受けてきました。


 小学2年生と5年生の素敵な兄弟記者から、私と愚弟に「狂言」について、
たくさん質問形式でインタビューを受けました。

なんでも家族で、どんな質問をするべきかしっかりと考えたそう。

ふつうに答えられる質問もあれば、うーんと腕組みする質問、またあらためて考えさせられる質問もありました。

たとえば「狂言の家に生まれて良かったと思える事はなんですか?」etc


こちらもしっかりと考えて回答しましたよ。

他にもなかなか鋭い質問がいっぱいでした。


私も逆に、小さな二人にいくつか質問を・・・。

私たちと似た境遇の二人は、しっかりとした将来の夢を持っていました。

あの年で、それぞれ立派な考えを持っていたので感心しました。


今後が楽しみです。

9月上旬に記事になるそう。

この模様はまたアップします。


≪ IXY-D20IS ≫

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。