プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 秋の金閣散策

鹿苑寺(1)

 先日は、狂言「老武者」の合わせ稽古の為に京都へ。
この週末の京都「茂山狂言会」でこの稀曲が上演されます。

もう関西では数十年ぶりの上演。
今回は私は、老人勢に対する若人衆役でこの会にお邪魔します。

合わせはスムーズに運んだので、帰路にちょっと寄り道。

キンキラキンの建造物を見せてあげようと
「鹿苑寺」へ立ち寄り。

ちょうど夕陽に照らされて、ほんと黄金色に輝いていました。  

《 GR-DⅢ 》
スポンサーサイト

鳥取県・狂言のお話

とりぎんホール

 鳥取県教員の皆様を対象にした「狂言」の研修講演に行ってきました。

生徒に馴染みの無い「狂言」の魅力をいかに伝えるか。
その為に、先生方は朝早くから夕方までの長時間、熱心に受講されました。

私も講演に伺った甲斐があります。
これで少しでも狂言の楽しさを伝える事が出来たならば何より。

今回は「面」や「扇」などの持参物が多かったので、
便利な特急「スーパーはくと」でなくクルマで行きましたが・・・。

中国自動車道から鳥取道が今年整備されて、所要時間が劇的に短縮されました。
鳥取道は、そのほとんどが連続トンネルで構成。
国交省の管轄なので佐用JCTから鳥取ICまで無料区間。
阪神間から休憩無しで2時間40分(制限速度巡航)

ずいぶん近くなりましたよ。

画は会場のとりぎんホールロビーを覆う大ガラス天井。

《 IXY-410F 》

インタビュー記事掲載「にっち倶楽部誌」

にっち倶楽部誌

 芦屋発の文化情報誌「にっち倶楽部」誌 Vol.72 秋号に
私のインタビュー記事をご掲載いただきました。

狂言のたのしさの事、手塚作品新作狂言の事などがわかりやすく記されています。

「にっち倶楽部」誌
お問い合わせ先(0797)35-5160

《 IXY-410F 》 

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。