スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~公演情報~ 国立能楽堂五月公演

  • 2014/04/17(木) 12:09:18

国立能楽堂五月公演(26年)

国立能楽堂五月「普及公演」

【日時】5月10日(土)午後1時開演
【会場】国立能楽堂(JR千駄ヶ谷駅下車徒歩5分)
【料金】
正面指定席4,900円 脇正面席3,200円
中正面席 2,700円 学生席1,900円~2,200円
【お問い合わせ・お申し込み】
0570-07-9900(午前10時~午後6時)
国立劇場チケットセンター

【番組】

「逆髪は坂神か」 公演解説 馬場あき子氏

狂言 「鐘の音」
(太郎冠者)善竹 隆司
(主)大藏 教義  (仲裁人)大藏吉次郎

喜多流能 「蝉丸」
(シテ)香川 靖嗣 
(ワキ)宝生 閑  (アイ)善竹 十郎

スポンサーサイト

春の京都

  • 2014/04/12(土) 22:56:15

26京都岡崎春

 今日は京都岡崎で春の能公演でした。

狂言曲目は春にちなんで、稀曲「笋」(たけのこ)
春においしい食材の「筍」にちなんだ曲です。

あらすじは…

畑主が畑を見回ると隣の藪に根を持つ「笋」が、
自身の畑にたくさん生えたので喜んで採っていると、
藪主が現れて、藪から生えた笋なので返せと笋の所有権を争うお話。

しまいには、他人の敷地で生まれた牛の子を、牛を所有する者の子か、生まれたところが所有するのか…
話は飛躍し、思いもよらぬ結末を迎えます。

春にふさわしい稀曲小品でした。

画はちょっと前に、近辺の神宮神苑の池で撮影。


《 GR-DⅢ 》

26年度新学期始まりました。

  • 2014/04/08(火) 23:18:05

26年4月桜

 大阪芸術大学をはじめ、宝塚北高校演劇科でも入学式を終え、新学期が始まりました。

それぞれの新入生と対面しましたが、舞台の道に意欲あって臨んできた面々でした。

演劇科では、中学生時代とは違い「この学校では何か教えてもらえるのでは…!?」
という受け身では駄目だとお話をしました。

 ”教えてもらえて当然!”
…舞台の世界では、こんな受け身では意味がありません。

何事でも良いところを「盗む」気持ちで、
大いなる意欲あって授業に臨んでほしいものです。

《 IXY-410F 》

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。