プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能船奉納

能船イメージ

 梅雨が明けて「天神祭」とともに大阪に夏が来るとされてます。
今晩は「天神祭船渡御」で「能船奉納」を勤めてきます。

桜宮公園周辺・大川の真ん中に能船が係留され、
周囲を大小様々な船が行き交います。

午後6時開演
式楽「翁」仕舞多数「狂言「仏師」
能「羽衣」能「土蜘蛛」

多数の提灯が飾られた舞台船ですので、暑さ対策と双眼鏡を持って、
花火鑑賞がてらお越し下さい。

天神祭花火イメージ

 《 IXY-410F 》
スポンサーサイト

学生たちの公演

あ夏の夜の夢チラシ

 大阪城公演近くにある、シアターBRAVAへ、
大阪芸術大学舞台芸術学科の学外公演を見てきました。

日頃、狂言をお稽古している生徒諸君ですが、なかなかに素晴らしい舞台でした。
役者も踊りも舞台を支えるスタッフ達も一体となった公演でした。

細かい点には目をつむるとして、ただ「若い力」を実感したよい時間でした。
生徒諸君には、また次回の授業の時に具体的にお話しておきます。

けど公演名「夏の夜の夢」に、なぜ「あ」がついているのでしょうか。

《 PS-200 》

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。