プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「善竹兄弟狂言会」 御礼

osaka6

 本日、第6回 「善竹兄弟狂言会」、公演終了致しました。
あれだけ懸念された天候も問題なく、おかげさまで無事盛会に終える事が出来ました。


本日お運びいただいた観客の皆様。お世話いただいた関係各位に、厚く御礼申し上げます。


愚弟の「末広かり」は、非常に難しい役柄。
京都茂山家による「瓜盗人」は、型・演出の違いや手法に感心。
私の「止動方角」は、主従の激しいやりとりの中、馬を乗りこなす役を勤め、いろいろ気付く事がありました。

次回公演の構想や,残務処理の山もありますが、今晩はゆっくり過ごすとします。
スポンサーサイト

<< ホタルの季節 | ホーム | 「巨人」 >>


コメント

善竹兄弟狂言会

お疲れ様でした。

天気にも恵まれ良かっですね。
急用が入り、狂言会は断念か?となりましたが…なんとかギリギリ間に合いました。


「末広がり」は、好きな演目だったので、改めてやはり好きな演目だと感じました。舞台で演じられてると小柄な隆平さんが大きく見えますね。


「瓜盗人」
6回目の鑑賞ですが、お家や演者が皆違ったので、楽しかったです。


「止動方角」は、初めてだったので楽しみにしていましたが、動きながらの台詞が多く大変だと思いましたが……お馬さんや馬に乗っているところは、見所で小さなお子さんが笑われていたので、子供でも楽しめるのだと思いました。
見所が涼しいを通り越し寒かったですが、温度調整は難しいですね。私は、よく寒い時にあたるようですが…… 。

次回は、東京での兄弟狂言会を楽しみにしています。東京在住の友人を誘い久々の再会も楽しみですが、狂言会が初めての友人の感想も楽しみです。



お楽しみいただけたようで、何よりです。
空調の件は、今後の課題ですね。
またのご鑑賞、お待ちしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。