プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「附子」

昨日、能楽公演で狂言「附子」(ぶす)を勤めた。
それがなんだと思われるかもしれないが、あまりない事なのだ。

教科書に掲載された事もあり、狂言にあまり詳しくない人でも、あらすじを説明すると、「はいはい知ってる!」となる名曲のひとつ。

猛毒の「附子」を前に、留守番を言いつけられた二人の召使いが、附子の正体を確かめようと奮闘するあれだ。

たいていの人は、小学生時代に学校で鑑賞したり、ちょっと演じてみたりしたようだ。

私も年間を通じて、上演頻度の高い曲目のひとつ。先週も配役違いで勤めたとこだ。しかし、あまりにメジャーゆえか、能楽堂での能楽公演で上演する事は、実はあまり多くない。お馴染みの曲なので選曲されない嫌いがあるのだ。私も学生鑑賞会などで勤める事が圧倒的に多い・・・そういうものなのだ。

一般のお客様を前に、能舞台で勤める「附子」。
・・・なんか新鮮な印象だった。
スポンサーサイト

<< 新型車投入2戦目 | ホーム | ホタルの季節 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。