プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型車投入2戦目

EJ25

「WRC 世界ラリー選手権」
毎戦,一喜一憂。

5月末に、我がSUBARUワールドラリーチームに待望の新型車が投入された。    http://www.subaru-msm.com/news/08006.html
しかもデビュー戦となる、第7戦ギリシャ「アクロポリスラリー」に、2位表彰台と素晴らしい成績。

6/15に終了した第8戦「トルコラリー」では、6位入賞と、13位の完走。
データの蓄積のない新車ながら、過酷な条件の中で大健闘。

今までのクルマは、ここ一発は極めて速いものの信頼性に欠けていた。
今回の新型車は、性能、信頼性も並み居るライバルよりも高いようだ。。

うーん、久々に明るいニュース。今後の戦いが楽しみだ。

画像はワールドラリーカーのエンジンと同じ系譜を持つ、EJ25過給器付。
低回転から豊かなトルクで、豪快な吹け上がりだった。
《IXY-D 40》
スポンサーサイト

<< 宇宙食 | ホーム | 「附子」 >>


コメント

な~んでそんなことになったのか、
この間、家に帰ったら、車が・・・
前後左右バンパー、ミラー、ドアの取っ手まで???
いわゆる樹脂製の部分がすべて「STI色」あの独特な‘ブルー’に変わってました(*_*)
色自体は綺麗やけど・・・わたしには青の養生フィルムを貼ったまま走ってるようにしか見えません。
すまぬ、夫よ。
この車で送り迎えしてもらうのは勇気がいります。

ご主人さんの選択、わからぬでもないです。STi青、結構良い色かも。
しばらく慣れるまで頑張って下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。