プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「善竹兄弟狂言会」東京公演制作中

新宿遠景

「善竹兄弟狂言会」(第1回東京公演)当日まで、あとわずか。
制作活動の為、スケジュールの合間を関係各位のご協力のもと、東京へ・・・。


《IXY-D 10》 紀ノ国坂御門
 
日程が早朝からの為、打ち合わせを終えてから移動。
深夜に宿の周辺を散策。。こういう時に、ふとしたアイデアや覚えモノがはかどる (そんな事はない)
とても怪しげな雰囲気の、紀ノ国坂御門。
《紀ノ国坂御門》

弁慶堀

弁慶堀界隈。   深夜の東京・・・こういった趣きのある風景が魅力。
《弁慶堀周辺》

丸の内


昼食入れの為に、東京駅周辺へ。
「赤煉瓦の駅舎が見えます」という、適当な張り紙にひかれてこの店へ・・・。
たしかに改修中の、丸の内駅舎が一望。
先の大戦で焼失した、戦前のドーム駅舎を復元工事中。

制作活動も、おかげさまで無事終わりました。
当日良い公演となるよう、引き続き努力中。
《東京駅丸の内口》
《IXY-D 10》
スポンサーサイト

<< 青紅葉 | ホーム | 宇宙食 >>


コメント

善竹兄弟狂言会

第一回目の公演楽しみにしています。

狂言会初体験の東京の知人の反応も楽しみです。

今月4回目の東京ですが……また翌日の仕事の関係で日帰りになりますが…やはり「のぞみ」は、速いですね。

tokyo

東京公演、がんばってください!

神戸からみんなで応援してます。


ありがとうございます。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。