プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青紅葉

青紅葉01

 嵐山のイベント「青紅葉の頃、源氏物語を味わう」を勤めてきました。

秋の紅葉が魅力なのはもちろんですが、この季節、新緑の紅葉の良さを味わってもらおうという企画。
宝厳院庭園散策と、源氏物語のお話。そして狂言鑑賞。

雨が降るとつらいので、真剣に天候の安定を願った結果・・・。

《16-50mm   F4.5   1/100   +1.0補正》 青紅葉02

 おかげさまで、少し時雨れるものの曇天。
何度も言うが、これも日頃の・・・(略)。
かえって滴に濡れる「青紅葉」と、ちょっと趣ある雰囲気に。
この葉っぱ、直射日光下よりこれぐらいの光線のほうが良い感じ。

《16-50mm   F4.5   1/100》

青紅葉03

 庭園はこのような雰囲気。

《16-50mm   F9  1/13》

青紅葉04

 歌人の林和清さんの穏やかな口調の中、ユーモアを交えたわかりやすいお話で源氏物語の一節を紹介。その後、狂言「鬼瓦」を上演。本尊の十一面観音像の側で、屋根には本物の「鬼瓦」というロケーション。

 《16-50mm  F4.5  1/80》
スポンサーサイト

<< 「善竹兄弟狂言会」 公演準備ほぼ完了。 | ホーム | 「善竹兄弟狂言会」東京公演制作中 >>


コメント

青紅葉ですか…風情ある趣の催しですね。
能楽堂に足を運ぶのがあくとなかなか情報に疎くなってしまいます。

紅葉の葉を、意識して見るのは初めてでした。また能楽堂へもお運び下さいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。