プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「善竹兄弟狂言会」 公演準備ほぼ完了。

SNS

 いよいよ、この週末「善竹兄弟狂言会」(第1回東京公演)です。

《IXY-D 10》 セルリアンタワー

まだ先だと思っていましたが、光陰矢の如し。慌ただしい公演準備もほぼ完了しました。
あとは、当日を迎えるのみ・・・どのような公演となるのか、楽しみ。

皆様、お待ちしております。
しっかりした雨具をお持ちのうえ、どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。

画は、玉川通からのセルリアンタワー外観。
《IXY-D 10》
スポンサーサイト

<< 「善竹兄弟狂言会」(第1回東京公演)無事終了 | ホーム | 青紅葉 >>


コメント

「善竹兄弟狂言会」東京

いよいよ明日ですね。

明日、楽しみです。

公演おつかれさまでした

善竹兄弟狂言会、拝見させていただきました!
実は私にとって今回の公演が能楽堂で見る初めての狂言だったのですが、愉快な演目と出演者様たちの表現力豊かな演技のおかげでとても楽しめました♪
お恥ずかしながら狂言に関する知識があまりなかったので内容を理解できるか、面白さがわかるかと不安でしたが、いざ公演が始まってみるとすぐにその魅力に惹き込まれ、どうして今まで狂言というすばらしい日本の伝統文化に触れなかったのか・・・、とまで思うくらいすばらしい時間を過ごすことができました。そして、善竹隆司さまのファンになりました(^∀^*)笑
今日を機会にこれからどんどん狂言を見る機会を増やしていきたいと思います♪応援しています☆

「萩大名」「千鳥」「二人袴」とても楽しく拝見させて頂きました。

見所(場所によりけりなのか?)は、少し暑く感じました。扇子であおいでいる方々もおられましたが…温度調節は難しいですね。

初狂言の友人もとても楽しんだようで、喜んでおりました。
お疲れ様でした。

「善竹兄弟狂言会」(東京)

あいにくの雨の中でしたが、初めてのセルリアンタワー能楽堂、能楽堂入り口までの廊下(?)も風情があり、見所も丁度よい広さで良かったです。椅子もゆったりとしていました。ただ見所が少し蒸し暑く感じましたが空調調整は難しいですね。
私の好きな演目だったのもあり、充実した時間を過ごせました。
「花子」が、楽しみです。

本当にお疲れ様でした。

楽しかったです!!

はる主人の友人で神戸の鳥屋でなんどかお目にかかったことがあります。
今は東京在住なので、本日の兄弟会にお伺いしました。
過去に狂言はお能の合狂言としては拝見したことがありましたが、狂言のみの公演は初めてでした。
あたりまえのことですが、鳴り物も舞台装置もない能舞台で素顔のままで台詞術と身体での表現であんなに豊かな世界が構築できることにあらためて感動しました(ちょっと言葉が硬いですね)。
次回は関西での公演にお伺いしたいですね。

おもしろかったです。

上記のかーこさんと同じくはる主人さんの知り合いで、本日見させていただきました。
去年の鳥屋さん5月誕生日会でお目にかかりましたが、覚えてらっしゃらないかも。
非常に興味深く拝見させていただきました。
私は狂言を見たのは初めてで最初のくだりはちょっと聞き取りにくかったのですが、時間がたつにつれ聞き取りやすくな楽しく見させていただきました。
・・・一番の驚きはセルリアンタワーに能楽堂があったことでしたが。

かねてより善竹家御贔屓の友人からの熱烈なお誘いで初狂言会体験でしたが…
感動しました。
面白く楽しかったです。

秋には是非大阪に見に行きたいと思っています。

善竹家の狂言は初めてでしたが、友達に誘われてみましたが、とても面白かったです。京都在住なので、これから観に行きたいと思っています。

昨日は、関西から狂言会を観にきた友人と久々に会いました。以前から善竹家の狂言を観てと勧められていたのですが、今回お子さんも連れて来られたので、以前会った時は、赤ちゃんだったのにお嬢さんは、もう中学生になられ、善竹家の狂言の大ファンだとか、弟君と仲良く楽しそうに観ておられましたが、休憩の時に色々教えてくれました。子どもの頃から伝統芸能に親しむのは良いことだと思いました。秋に大阪に観に行く約束をしましたので、楽しみにしています。

皆様、雨模様のなかお運びいただき、ありがとうございました。それぞれお楽しみいただいたようで、何よりです。

空調の件は、課題と致します。
舞台上は暑さはいうに及ばず、見所も仰いでいらっしゃる方をお見受けしました。

次回は、しっかり空調に配慮致します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。