薪能と豪雨

  • 2008/08/06(水) 00:45:53

ピオーネ

 昨日は「尼崎薪能」
北大阪周辺にはモクモクと積乱雲。しかし風向きが違うので影響なしと・・・。

予定どうり薪能が開演すると、大阪湾より新たな積乱雲がわき出した・・・
しかもポツポツ降りだし中断。能楽の装束や、お道具は非常に大切に扱われ、しかも繊細なので、一滴の降雨でも上演出来ないのです。

しかし小康状態になったのを見計らい、狂言を上演。幸い降られる事もなく無事に勤めるものの、能「葵上」が上演される直前にまた降り出し、残念ながら公演中止となりました。

が・・・。

悲劇はその後に・・・。


その降雨は、やがて尋常でない豪雨に・・・。


レーダー画像は強烈な降雨を示す真っ赤。
時間雨量50mm相当の雷雨。

薪能会場は、くるぶしの高さまで、みるみる冠水。

楽屋も、雨漏りはもちろん、床まで浸水。

発電器も度々ダウンして、真っ暗・・・。

周辺被害甚大・・・おそらく・・・。

私は、狂言終演時点で降雨に備え、装束・面などは速やかに片付けていたので、幸い被害は免れました。

しかし傘が全く役にたたない状況。全身ビショビショに・・・うんざりだ・・・。

この積乱雲、その後1時間ほど暴れて、ようやく沈静。
ヒートアイランドなのか、ここ数年の豪雨は、やはりおかしい。

《60mm  F13  1/60秒  外部ストロボ発光》


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

薪能

本当におかしなというか不気味な天気でした。
狂言上演の直前ぽつりぽつりと雨で中止か?と思いましたが、なんとか雨があがり「清水」は観る事ができましたが……生憎傘も持ってこなかったのと、どうも雲行きが怪しい感じと雨が降る感じの風だと息子が言うので、途中で失礼しましたが……会場を出たあたりから降雨になり、駅に着いた時にはどしゃ降りの滝のような激しい雨になりビックリしました。傘がなかったので危なかったです。
知人は、会場に残ったのですが…大変だったようです。
ずぶ濡れを通り越し(?)悲惨な目にあったと嘆いていました。
東京でも突然の異常なまでの激しい雨で悲しい事故があったようで……本当に気味が悪いですね。

  • 投稿者: -
  • 2008/08/06(水) 12:04:27
  • [編集]

本当に狂言の前あたりに雨がポツリと降った時は、どうなることやらとはらはらしましたが、雨具を準備していなかったので焦りました。
狂言は上演できましたが、結局その後雨で中止となりましたが、あの雷雨はすごかったですね。

ずぶ濡れの悲惨な状況になりました。
装束等が無事で良かったです。
何なんでしょうね。あの豪雨は‥‥
家にたどり着くまでが大変でした。
夏の悪夢でした。

  • 投稿者: suzu
  • 2008/08/06(水) 15:08:21
  • [編集]

薪能お疲れ様でした。薪能は天候に左右されるので、微妙な天気の時は気になりますね。
今夏は三度観ましたが、「尼崎薪能」でえらいめにあったので……今夜のは雨天時の会場も決まっていましたが、尼崎みたいに途中で天候の急変は、本当に困惑します。

  • 投稿者: -
  • 2008/08/10(日) 22:01:01
  • [編集]

一時期夕方になると雷雨になる事がありましたが、駅近くにできた○○電機の工場で雷の公開実験とやらがあると聞きました。
雷は好きではないが、実験とやらには少し興味があるので、見てみたい気がします。

  • 投稿者: suzu
  • 2008/08/16(土) 11:51:52
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する