プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白浜」

パンダ

 例年、この時期には高校時代の友人達と忘年会旅行に・・・。
かれこれ20年程のつきあいになるのか・・・年月の長さも複雑だ。

毎年継続して続いている事実にも、よくよく考えると驚きだ。
今年は後輩のY君のプロデュースで白浜温泉へ。
帰りを気にせず、ゆっくりと過ごせるよう初めたこの催し・・・今回は料理も良くて結構でした。

画は神戸とともに、国内ではここにしかいない「パンダ」
《18-70mm   F4.5  1/50秒》 双子

翌日は、「アドベンチャーワールド」へ。
ここを訪れるのは初めて。画は生まれたばかりの双子のパンダ。「梅浜」と「永浜」

ピクリとも動かない。
《18-70mm  F5.0  1/100秒》

キリン

 キリン頭部近接撮影。
ここまで寄れるのは、ここならでは。
《18-70mm F9.0   1/320秒  -0.3補正》

シャチ

イルカジャンプ

サーフィン
 
 この手のショーを見る機会は多い方だと思うが、ここのシャチ・イルカーショーのレベルの高さには正直驚き。ここまで難易の高い演技を披露されるとは・・・。疲れがたまっていたものの、楽しく鑑賞する事ができて満足!。
《18-70mm  F9.0  1/320秒  -0.3補正》

参加各位、お疲れさんでした。
良いお年を・・・。


スポンサーサイト

<< 大晦日 | ホーム | ほんとに「年の瀬」 >>


コメント

パンダって‘笹’がないと生きてゆけないのでございますね(^^)。
目のくろいとこが目じりにむかって下がっているので愛くるしいですが、 もし上がっていたら^^;、 パンダの歴史は少しかわっていたでしょうか?(゜゜)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。