プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土蜘蛛週間

8411

 今週は、文化庁主催の本物の芸術・学生鑑賞能。
週明けから、連日名阪沿いの小学校を廻って、能「土蜘蛛」を上演。
私は間狂言を勤めてきました。

たしかに頻繁に上演される曲ですが、4日間連続というのは稀。

間狂言の台詞、「忙しや忙しや」に喜々として反応する子供。
蜘蛛の糸が豪快に飛び散る様に、また子供達は大喜び。

しかし先生が「これから見る事のない貴重な機会だから・・・」とか「一期一会・・・」とか言わないで欲しいな。
決して、人生たった一度の観能の機会を作る為に勤めているわけでなく、この鑑賞会がきっかけで、いつかまたどこかで、能狂言にふれてほしいと思っているのです。


画は、体育館に作られた特設能舞台。とても立派な舞台。
《IXY-D 10》
スポンサーサイト

<< 参観 | ホーム | 公演情報 >>


コメント

No title

はじめまして。
能狂言に親しんでおりますOLです。
ブログを楽しく、拝見させていただいております。
小学校螺旋公演お疲れ様でございます。
子供達に伝統芸能を知ってもらうという機会は、たしかに貴重な機会ではありますが、おっしゃるように、「これから見ることのない・・・」という表現は違いますね。先生も興奮して、なにを言ったらよいのやら解らなくなってしまったのでしょうか!?
わたしは、こういった機会が、自国の文化を知る機会にもなり、
なにか厳かでなにやら緊張感のある世界が脈々と引き継がれてきているという発見を、子供達が感じてくれることと思います。
連日の公演、いろいろとご準備等も大変だと思いますが、
これからもたくさんの公演で、観客を魅了なさってくださいませ。

No title

goodのココロ でございますね。 スバラシイ *^ ^* !

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。