スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーマニア・オーストリア公演

  • 2009/02/17(火) 15:59:50

A340-300

 2月に入ってから、10日間ほど。
「ルーマニア・オーストリア能楽公演」を勤めてきました。

ドナウ川流域各国との文化交流事業。
能「葵上」 狂言「伯母ヶ酒」を上演。

現地の方々にも好評で、良い海外公演だったと思います。

画像の整理が出来しだい、随時アップします。

さしあたっての画は、往路の機中より夕日を撮影。
ひたすら夕日を追いかける11時間強の飛行でした。
国内線では、決して乗ることが出来ないエアバスの大型4発機・A340-300のウイングレット。

街並

ルーマニアは、首都ブカレストで2回公演。
空気は埃っぽく、とても澄んでいるとは言えない。
クルマも多く、クラクションが絶えず鳴って騒々しい。
しかし街並みは総じて古く、趣があって良い。

国立劇場

公演が行われた国立劇場正面。
さすが旧共産圏国だけあって、とても立派。

公演ポスター
公演告知の特大ポスター。
これに限らず、街中の広告物はどれも巨大。

ホール

国立劇場内部。
非常に豪華な作り・・・しかし設備が更新されているとは言えず、全体的に古さを感じる。

運河

市内の運河。
表通りから外れると、ゆったりとした雰囲気。

旧共産党ビル

旧共産党本部ビル。
1989年の革命で、チャウセスク大統領が最後に演説した2階中央のバルコニー。しかし収拾がつかずに、屋上からヘリコプターで脱出したそうだ。
これも威信を誇る為か、巨大な建物だ。

他にも、世界第2位の規模を誇る建造物「国民の館」(ちなみに第1位は米・ペンタゴン)などは圧巻。
総じて大きな事は良いことだといった雰囲気が残る街。

しかし文化への関心は非常に高く、しかも親日。
両公演合わせて約2200名の来場がありました。

しかもとても観客の雰囲気がよく、狂言「伯母ヶ酒」の数々の場面で笑いの渦が広がりました。
東欧の国のひとつ、ドラキュラの故郷としかイメージがわかなかったのですが、こんな”おもしろい国”なのかと、再認識した次第。

《IXY-D 10》

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

お疲れ様でした。

オーストリアに赴任している友人から公演の事を聞きました。
海外で歌舞伎の公演を観た事がありますが、改めて日本人だな~と再認識しました。

  • 投稿者: -
  • 2009/02/17(火) 16:54:13
  • [編集]

お帰りなさい
お疲れ様ですね。

ブログ楽しみにしていましたが、珍しく暫く更新されてない(?)と思っていましたが…能楽のオーストリア公演に参加されていたのですね。
また画像を楽しみにしております。

お疲れがでませんように……

  • 投稿者: -
  • 2009/02/17(火) 19:15:17
  • [編集]

No title

明日は、横浜能楽堂でございますね(^^)。



  • 投稿者: -
  • 2009/02/20(金) 12:07:56
  • [編集]

横浜能楽堂

明日は、観にいけませんが…4月のは観に行きます。

  • 投稿者: -
  • 2009/02/20(金) 22:40:38
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。