プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9回2死から・・・

甲子園01

 今年初の甲子園観戦。
リニューアルされた内野スタンドは、今回が初めて。

座席もゆったりクッションが付き、随分快適になりました。
キリッと冷やしたNZ産ソーヴィニヨンブランをステンボトルに入れて持参。
持ち寄りのアテをつまみつつ浜風が心地良く吹く中、
あまり野球を見ない宴会は、大変結構なものです。

しかしながら、肝心の試合のほうは見るべきところがなく膠着状態。
5回にはHRで2点の先制を許す始末。。

9回になり、とっとと帰り仕度を始めていたら・・・

《IXY-D 10》 甲子園02

 9回2死で完封負け直前。

代打今岡の内野安打が、劇的な結末への幕開け。

平野、関本、そして鳥谷。
あれよあれよと安打が続き、フィナーレは金本のサヨナラ安打で閉幕。

逆転サヨナラ勝ちを目の当たりにするとは・・・大いに盛り上がりました。

甲子園03


あー、帰らなくて良かった。。。


《IXY-D 10》
スポンサーサイト

<< 状況 | ホーム | いつのまにか・・・。 >>


コメント

野球って

以前ニュースで、「出塁した際、本当は嬉しくて嬉しくてたまらないのに読まれるといけないので表情をかくすようにしている」と、ある選手が言われていました。嬉しくないはずはないでしょうに、奥が深い(゜゜)、 や~った!ヒット♪とかは駄目なのですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。