プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく降りました。。

カタツムリ

 昨日から引き続き、神戸はよく降りました。
「池田薪能」は15周年の記念会だったけれども、残念ながら雨天の為に市民会館「アゼリアホール」での公演でした。降雨→中断→公演中止という最悪の事態を避けれただけでも良しとしよう。

画は堂々たる「かたつむり」を道ばたで発見。


狂言「蝸牛」(かぎゅう)
「雨も風も降らぬに 出なかま打ち割ろう!」


見事な「貝」を背負ってました。

《IXY-D 10》
スポンサーサイト

<< 「誕生月」 | ホーム | 閲覧のみなさま。 >>


コメント

新型インフルエンザ

新型インフルエンザが流行っているので、学校の休校やらで大変な事になりましたね。
高校生が多かったのですが、大人や幼児も発症し、市民生活にも影響がでてきました。
感染のスピード速いです。

楽しみにしていた観劇も中止となり
本当にどうなるのか?

神戸で新型インフルエンザ発症がでて感染が広がった為、関西や神戸への修学旅行が中止となりました。
とても楽しみにしていただけに……残念です。

でも、テレビのニュースで見る神戸市の様子はなんか異様な感じがして、やはり目に見えないインフルエンザだけに怖いです。

状況

>Rayさん
>敬さん

たしかに連日の報道のとうり不安ですね。
マスクも完売です・・・。

しかし日常生活に影響があるわけでなく、冷静に状況の推移を見守りたいものですね。

No title

かたつむり・・・子供のころは、あちらこちらで見かけたものですが、最近とんとお目にかからなくなってしまいました。
その代りというのではないでしょうが、海沿いの私の町で、春になると、鶯ののどかな声が聞こえてきます。子供のころから住まいしておりますが、昔は聞いたことがないようにおもうのですが・・・いつまでも肌寒い五月、新しい病気の流行、少しずつ地球が変になっていっているようで・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。