プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代車

代車

 今月はクルマの車検月。
特に問題もないので、迷う事なく車検に。

いつもの事ながら、馴染みのセールス氏は「楽しい代車!」を提供してくれた。

SUV型ワゴンながら2.5リットルの過給器機関で高推力。
しかもステレオ映像カメラによる自動運転サポート装置付き。
前走車が止まればブレーキにまで介入して、自動的に停止してくれる”ハイテク車”でした。

意地悪くどこまで対応するか・・・混んでる「阪神高速環状線」を”自動運転”で走行するも、急な割り込みにも的確に反応して自動ブレーキ!・・・かえってドキドキするものの、ハンドル操作のみの半自動運転。

ここまで技術は進歩したのですね

この手の技術(自動的運転補佐)にはあまり興味が無かったものの、なかなか優れものでした。
クルマに人格が備わっているようで、不思議な感じ・・・。

《IXY-D 10》
スポンサーサイト

<< 「麺」 | ホーム | おついたち。 >>


コメント

だんだんクルマでなくなってくような・・・

来月リリースのウチの新型車は上記機能に加えて、
操舵系への介入無しに車線逸脱防止を行う機能を新設定。

ここまで来たら、だんだんクルマでなくなってくような気がしませんか?


へぇーえ。。

>yassan
操舵系への介入無しに、どうやってアシストするのか興味津々。昔、”レーンキープなんとか”ってあったね。
デビューしたら、また見に行くわね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。