プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鍬形」

クワガタ

 雨の夜。 

自宅へ帰る途中、廊下の壁面に黒い虫が。

例の嫌悪の対象の”よからぬ虫”かと思いつつも、よくよく見ると”クワガタ”じゃないか。
「コクワガタ」のオス。


クワガタ程度は、住居の明かりにつられて、たまにやってくる(嬉)。
カブトムシなら喜びも倍増なのだが・・・これらは、六甲の山中に入らないとね。

もちろん撮った後は、元の廊下の壁面に戻しましたよ。



《60mm Micro   F16  1/60秒  外部ストロボ発光》
スポンサーサイト

<< 野外演習 | ホーム | 「善竹兄弟狂言会」本年度公演終了。 >>


コメント

No title

以前、我が家でも、玄関のドア前にクワガタが『鎮座』していたことがありました(~_~;) 出かけようと、上げた足の下に黒い虫を見つけた時は、私も「よからぬ虫.か?」とドキッとしましたが、よく見れば小さいながらも立派な角が二本・・・海沿いの街なので、クワガタが『この辺りに住まいする』はずもなし、どこからやってきたのやら?とりあえず、珍客を我が家に迎え入れ、しばらく『逗留』させたのですが、なにしろこちらは素人故いたらず、一月あまりで『はかなく』させてしまいました。

No title

 虫に出会う季節でございますね。
大すきな絵本の中で、蝉の地中での七年間を‘長く美しい休暇’と呼んでいました。 そういえば朝の静けさが今夏、蝉の第一声を待っていような気がしてまいりました。 聞くのは何日後でございましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

種別

「コクワガタ」でした(笑)。

No title

角の先端が突然急な角度で内に向いているのが特徴だそうです。
ムシキングブラザーズ&虫めづる姫君によりますと。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。