痛みからの解放

  • 2010/10/06(水) 23:01:36

PALON

 ここ数週間、慢性的な歯痛に悩まされていた。


最初は知覚過敏。

冷たいものがしみる程度が、やがて鈍痛に変わり、しまいには暖かい飲み物でも痛むように。

歯医者を嫌がっていたわけでもなく、診察と投薬治療でなんとかなるかと希望をいだいていた。


しかし結果は芳しくないもの。

神経を逆なでする痛みは日常的になり、途方にくれる。

手放させない鎮痛剤も効かなくなり、深夜に激痛で目が覚める事しばしば。

人との会話がとても面倒に感じられる始末。

ある人気海外ドラマで、慢性的な激痛にみまわれている主人公が、とても偏屈な人格として描かれているが、
やはり、何気なく苛立ってしまうのも当然なのかと実感。


結果、歯神経を除去する事に…。


ギュイーン…!

高回転ドリルによる不愉快な感覚ながらも、

治療中、麻酔のおかげで日頃の痛み感じなくてちょっとうれしい。


でも麻酔が覚めた頃に恐ろしい痛みを覚悟してたが…。


結果、



「痛みからの解放」



こんな事なら、さっさと歯科医の勧めどうりに除去治療しておけばよかった。


今晩は祝杯を。


慶事の「内祝い」でもらった葡萄酒。


飲み口に若干の甘みがあれど、なかなかしっかりと厚みある味わい。
抜栓が少し早かったかな…しかし香りは芳醇。

完治祝いにふさわしい葡萄酒でした。


《 GR-D Ⅲ 》

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する