プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作狂言「おさか」無事終了。

「おさか」会場

大蔵流による新作狂言「おさか」、昨日無事に初演終了しました。

あたりまえに呼ばれる「おおさか」の地名。
これは、いつ、どのような経緯で呼ばれるようになったのか。

おおさかの歴史を古代まで遡り、地勢的背景をからめながら、
上町学プロジェクト座長の河内厚郎氏による原案を元に、狂言の手法で紹介する新作曲です。

はとこの善竹富太郎君が東京から駆けつけての出演。
旅人「東人」役を見事に演じてくれました。

おかげさまで好評だったとの事。狂言脚本と演出を執り行いましたが、ほっとやれやれです。

「おおさか」という街のアイデンティティを再認識する狂言。

もっと多くの人にご覧いただきたく思っています。
近いうちの再演、楽しみです。

《 GR-D Ⅲ 》



「おさか」夕陽

 「おさか」公演を終えての帰路。

おおさかから望む「夕陽」がまぶしかった。

当時、中世のおおさか人が見ていたであろう、淡路の島と明石の浦の間に沈む「夕陽」。




これを撮っていた時。

クルマのラジオからニュースが流れて…

半島で戦争が…。

絶句。



《 GR-D Ⅲ 》
スポンサーサイト

<< 充電に | ホーム | 新作狂言「おさか」 >>


コメント

「おさか」初演のご成功、おめでとうございます!
観に行きたかったのですが、都合が合わず 残念でした(T_T)

風邪などが流行ってきましたので、くれぐれもお気をつけて、これからも頑張って下さい♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。