プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーンディ-ゼル

DVC00006

 ニッサンの営業職をしている後輩から、
「おもろいクルマがあるから、乗りにけーへん?」と電話があったのが昨日。

今日、仕事の帰りにちょっとよりみち

環境対策車として全額免税措置の最新「クリーンディーゼル車

かねてディーゼル車には関心があったので、興味津々で機関始動。

一昔前は、

「グゥァラガラガラガラガラガラ…」

のアイドリング騒音が、

「カラカラカラカラカラ…」

排気臭もほとんど無し。もちろんススも皆無、ほんと進化しました。

肝心の動力性能、カタログ数値は立派なスペック。

しかしというか、やはりというか極低回転では力感が無し。
低い回転数でアクセルを踏み込んでも、1・2と二呼吸おいてからグゥワーと加速する感じ。

裏を返せば、しっかりパワーバンドに乗る中高回転からの加速はそれなりに力強い。
アクセルの踏み込みにリニアに反応し、きれいに高回転まで吹け上がる。
静粛性はガソリン車と遜色なし、Dレンジ停車で若干振動を感じるも快適。

メーカーの言う3.5リットルクラスのトルクというふれ込みは、ちょっと大袈裟だけど高速巡航で、4人乗車フル積載でも不自由は感じないでしょう。

しかも燃費良いので、二酸化炭素は低排出。
短時間の試乗でも、約14km/リットル。

もはや、ディーゼルだからね・・・という言い訳がいらなくなりました。
このエンジン、仏国ルノー社の工場で製造される逸品。

条件も破格を提案してくれました

北摂阪神近郊でニッサン車に興味のある方は声をかけて下さい。
仕事の出来る彼を紹介します。

《 SH-704i 》
スポンサーサイト

<< 平成22年度芸術祭優秀賞受賞「善竹狂言会」 | ホーム | 110117 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。