プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈近々公演情報〉 「ピッコロ狂言会」

ピッコロ狂言会

 ピッコロ狂言会

【日時】9月10日(土)午後2時開演
【会場】兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター
    阪急神戸線「塚口」駅下車南東へ徒歩10分
    JR宝塚線「塚口」駅下車西へ徒歩6分
【料金】一般2,000円 高校生以下1,200円
    セット券(一般・高校生以下券)3,000円
【お問い合わせ・お申し込み】
    ピッコロシアター TEL(06)6426-1940
【番組】
解説  本日の公演について 善竹 隆司

狂言「千鳥」
(太郎冠者)大藏千太郎
(酒屋)  善竹忠一郎
(主)   上吉川 徹

狂言「宗論」
(法華僧) 善竹 隆平
(浄土僧) 善竹 隆司
(宿屋)  上西 良介


毎年恒例のピッコロシアター狂言会。
初めての人でも楽しめるように、公演前にわかりやすい解説。

また今回は、ツケ(支払いが滞る)がたまっている酒屋へ、酒を買いに行かされた太郎冠者。
酒を売るのを渋る酒屋の亭主に、尾張津島祭の様子を土産話をして、隙あらば酒樽を持ってかえろうと苦心します。

また「宗論」(しゅうろん)は狂言の大曲のひとつ。
対立する「法華」と「浄土」の僧が、街道で出会い、互いに宗論をして自分の宗派の素晴らしいところを説いて、
改宗するように迫ります。しかし、二人が踊り念仏と踊り題目に興じているうちに意外な結末を迎えます。
この曲は、イラク戦争終結の時、神戸で行われた「世界宗教サミット」でも上演しました。



 
スポンサーサイト

<< 仲秋の名月 | ホーム | 〈近々公演情報〉 「六甲アイランド能」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。