プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆既月食

皆既月食(1)

 今晩は皆既月食。

かけ始めから、皆既、満月に戻るまで、
時間や天候など撮影しやすい条件が揃いました。

まずが満月の状態から。

《 D300 70-300mm F9.0 1/320秒 -0.3補正 》

皆既月食(2)

かけはじめ。
今回は左下から欠けているよう。

《 D300 70-300mm F10 1/400秒 -0.3補正 》


皆既月食(3)

《 D300 70-300mm F5.6 1/125秒 +0.3補正 》


皆既月食(4)

《 D300 70-300mm F5.6 1/125秒 +0.3補正 》



皆既月食(赤月)

「皆既月食」の撮影に成功。
皆既なので、真っ暗になって消えるかと思えばそんな事はなく、
肉眼では、ぼんやり赤黒く浮かび上がる月。
これは、地球の大気の影響により太陽の光が屈折されて、
太陽光の一部が本影の中に回り込むためだそうです。

でもたしかに不吉な感じがする。
古の人々が恐れたのも、なんとなくわかります。

《 D300 70-300mm F5.6 1/8秒  +0.3補正 》


皆既月食(5)

 皆既も終わり、徐々に左側から明るさを取り戻しつつあります。

これだけ見れば、なんて事のない半月です。


《 D300 70-300mm F8 1/250秒  -0.6補正 》


皆既月食(終了)

《 D300 70-300mm F11 1/500秒  -1.0補正 》


皆既月食終了し、元の満月に戻りました。
やや右端が暗い気もするが、NHK報道では午前01:18時をもって終了としていたので、
これは余裕をみて、01:34時の撮影です。
素晴らしい天文ショーを楽しむ事が出来ました。

しかし、今晩は寒すぎっ!。


スポンサーサイト

<< ワクチン接種 | ホーム | ドーナツ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。