プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年越し

1231WINE

 大晦日の今晩。

午後に美味い「年越しそば」をしっかりいただき、
晩は自宅でゆっくりと家族と過ごす事に…。

公共放送の紅白番組を見ながら振り返れば、今年は大きな変革の年でした。

春に長年つきあいの愛車をやむなく手放して、新たなるクルマを選択。
世界一のAWDから世界一のFFへ…これは大きな決断でした。

 初夏には「こども」が生まれ、あれやこれやと世話をして…気がつけば「イクメン」状態に。
もうすっかり、オムツ交換からお風呂まで…さすがにおっぱいは無理ですが
他は、なんとでもなるようになりました。

秋には「善竹兄弟狂言会」東京公演で、山本泰太郎さんをお迎えしての大曲「武悪」を競演。
兄弟共に、とてもよい刺激になりました。

また同大阪公演で、狂言「朝比奈」をご評価いただき、弟と共に「大阪文化祭賞」を受賞など
公私共に、ここでは書けない波乱も多々ありながらも、総括すれば充実した一年でした。

来年も良い年となるよう鋭意勤めます。

 皆様、お世話になりありがとうございました。
明年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
よいお年を、お迎え下さい。


画は今晩の葡萄酒…
「M」のラベルが気に入りました。

《 IXY-410F 》


スポンサーサイト

<< 謹賀新年  (平成24年1月1日)  | ホーム | 忘年会ドライブ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。