プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回「東日本大震災義捐能」

義捐能

3月11日。
神戸でも揺れを感じたあの日からちょうど1年。
私達も長い目で支援をしようと、昨年に引き続き義捐能を催します。

入場料は全額読売新聞社を通じて、被災地に寄付されます。
... 私も微力ながら、復興を願いまして狂言「蝸牛」を勤めます。

この週末、天気も良いようです。
能楽を楽しみ、被災地への支援の思いをいただければ幸いです。
入場券のお取り置きも手配出来ますので、ご都合つかれましたら是非。

「東日本大震災義捐能」
主催・大阪地区能楽師有志
【日時】3月11日〈日)午後1時開演 12時半開場
【会場】大阪能楽会館 JR大阪駅下車東へ徒歩10分
大阪市北区中崎西2-3-17
【お問い合わせ】(06)6373-1726・大阪能楽会館
【料金】2,000円〈全額寄付)全席自由席
【番組】仕舞・舞囃子多数・能「当麻」(シテ)大西智久師
狂言「蝸牛」 善竹 隆司 善竹 隆平 善竹 徳一郎

「蝸牛」あらすじ
伯父の長命を願い、主は太郎冠者に「かたつむり」を探させにやります。
しかしかたつむりを知らない太郎冠者は、藪で寝ている山伏を見つけて、かたつむりではないかと思い込みます・・・。 でんでんむしむしの謡いが楽しい狂言です。 
スポンサーサイト

<< 手塚マンガ×善竹狂言 新作狂言「老人と木」公演 | ホーム | 卒業式 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。