プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40年後の未来。

osaka

 40年前は、まだ人類は月着陸も果たしていない遠い昔。
現代は、ネットが世界を結びつける情報化の時代。
40年後の将来は、どうなっているのかな。

「上方芸能167号」で文章を寄稿しました。
どうなる-2050年の上方芸能界
古典から現代まで、各分野の中堅・若手層が40年後を展望する

《55-200mm F10   1/400秒》
スポンサーサイト

<< 「たからづか能」 | ホーム | ユキ・・・その後。 >>


コメント

40年後の未来

「上方芸能」167号拝読しました。
40年後の上方芸能界は、どうなっているのでしょうか?ね。
時代の流れが変わっても40年後も伝統は受け継がれていくもので、また能楽や古典芸能がより世界中に広がっていって欲しいと思います。

「上方芸能」拝読いたしました。
どれだけ情報技術が発達しても、伝えようとする人間たちの「思い」がなければ、
伝統も受け継がれてはいかないでしょう。
何百年も脈々と続いてきた「思い」のリレーが、
永遠に続いていきますように…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。