プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルドライブ

前照灯

 ちょっと前になりますが、クルマを1年点検に・・・。

代車を用意してもらって帰ろうとしたら・・・
担当セールスの方が、
「お時間あれば、THEビートルに乗ってみませんか?」

えぇっ!? もちろん、ハイハイ快諾ですよ。

なんでもメーカーモニター車の空きがあって1日乗り放題とのこと。
祝祭日では希望者や予約でフル回転らしいけど平日なので空いてるそう。
私は平日に用事を済ますので、なんかうれしい。

THEビートル

さてこの新しい「THEビートル」。
先代モデルは、カワイサを強調したファニーな感じで好きになれなかったけど、
今度のは、チョッパードのような低くフラットなルーフラインが精悍でカッコよろしい。

エンジンは小さい1.2ℓのターボ過給なので、デザインのクルマかと期待してなかったものの

…見事に裏切られました。

出だしは穏やかなれど、2,000回転強も回せば、
充分なチカラがあってグングン加速していきます。

フル乗車で急峻な坂を登りましたが、ストレスは皆無。
メーカーでは1.8ℓクラスと控えめですが、感覚では軽い車体の2.0ℓクラスでした。

乗り心地は、ゴルフⅵと比較すれば若干揺すられ感が残り、やはりロードノイズも少し大きめ。
ちょっと雑なところは仕方ないかな。

ちなみに奥さんは、2ドアのうえ狭い後席なので、
こどもを後席に乗せて、日常の使い勝手はちょっと難しいかもと。

でもスタイルは洗練されているし、DSGミッションを積極的に操作して乗れば望外に楽しいクルマでした。

やっぱり” カブトムシ ”の記号性は抜群です。

タカラクジが当たれば、これの黒をセカンドカーに欲しいわ。

《 IXY-410F 》
スポンサーサイト

<< パカパカ携帯 | ホーム | 30周年記念式典 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。