プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eテレ放送収録でした。

賀茂川

 先日の申し合わせに引き続き、今日は京都で放送の収録舞台でした。

金剛流能「正尊」
私は武蔵坊弁慶に仕える女性の役。

源平の合戦が終わり、兄頼朝と不和になった弟義経一門。
鎌倉から京都に上った土佐坊正尊を、
義経を狙う刺客と察する武蔵坊弁慶。

義経・弁慶の詰問を前に、熊野参詣の為に立ち寄ったのだと起請文を用意してはぐらかす正尊。

尚も疑う弁慶の指示をうけ、正尊の宿所を強行偵察に行く私(間狂言)。
そこには義経の命をとるべく、戦の準備を整えた軍勢の姿が・・・という源平合戦後を描いた能。

他に、善竹忠一郎・善竹隆平・善竹忠重による、蚊が相撲とりになり、
人間の血を吸おうと画策する夏の狂言「蚊相撲」。

放送日は7月28日(日)21時~23時
NHK Eテレ全国放送HD「古典芸能への招待」

このような放送収録公演は、ほんと気を遣い緊張します。
美しくも?健気?な女性姿をご覧下さいませ。

《 IXY-410F 》
スポンサーサイト

<< 第11回「善竹兄弟狂言会」 ~鬼の狂言~ | ホーム | タイトルなし >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。