プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育所 「狂言」

庭園IMG

 この新春は、ご高齢の方々への祝賀狂言で長寿を願い「蝸牛」
キッズプラザ大阪では伝統芸能にふれる催しで、こども達に狂言ワークショップと「盆山」。

年齢層が両極端ではありますが、どちらも楽しく盛況な舞台でした。

で、今日は保育所での狂言「柿山伏」を上演。

いつもは小中高校。
まれに幼稚園やその保母さん向けの公演もありましたが、保育所公演は初めて。

さすがに1歳を少し過ぎたばかりの小さな子はポカンとしてましたが、
年中から年長さんは、とても楽しく観てくれたようです。

「やるまいぞやるまいぞ!」大きな声で狂言の発声体験は、
皆が懸命の声を出すので、こちらがびっくりしてしまいました。

終わりに記念の撮影をしながら「おもしろかったっ!」と口々に話しかけてくれます。
初めての狂言がよい印象となったならばうれしい限りです。

それはともかく、手洗い場の低さに驚き。
体をかがんで鏡を見るはめになって苦笑。


画はきれいな庭園・・・本文とは関係無し。
《 IXY-410F 》
スポンサーサイト

<< 週末公演情報「若手能」大阪公演 | ホーム | 新春はキッズプラザで初笑い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。