プロフィール

善竹 隆司

Author:善竹 隆司
《能楽師大蔵流狂言方》

二世善竹忠一郎の長男で、
父に師事。
故人間国宝・善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」
「花子」を披演する。
「善竹兄弟狂言会」を弟、隆平とともに主催。

手塚治虫作品ブラック・ジャックを
原作に、新作狂言「勘当息子」
「老人と木」を制作上演。

兵庫県立宝塚北高校演劇科講師 
大阪芸術大学舞台芸術学科講師
「大阪文化祭奨励賞」
「兵庫県芸術奨励賞」
「第3回神戸キワニス文化賞」
平成23年度「大阪文化祭賞」
平成24年度
大阪市「咲くやこの花賞」受賞

神戸在住

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「多国籍能楽の会」

ベア

 今晩は大阪商工会議所主催の、「ナイトカルチャー・伝統芸能の夕べ」に出演してきました。
今回のお客様は、関西在住の外国人の方々。領事館・企業・留学生など・・・国籍もアジア圏から欧米まで・・・。いつもの山本能楽堂が外交の場となりました。

狂言は「盆山」。お能は「舎利」半能を上演。
この催しでは、見所の壁面に字幕(英語・中国語2種・朝鮮語)が表示され、詳細なパンフとともに、リアルタイムに楽しめる工夫がなされています。
おかげさまで、どちらもとても楽しまれたようです。

また舞台上で数名の方が狂言の所作や台詞を体験。
爆笑の雰囲気で勤め終えました。

この模様は、27日午前7時30分頃、NHK朝の番組の中で放送される予定。

《IXY-D  40》
スポンサーサイト

<< 「卒業式」 | ホーム | HAT神戸・「芸術の館」周辺状況 >>


コメント

色々な催しがあるのですね。

何年か前に初めて山本能楽堂に行った時、早い時間に駅に着いてしまい…想像していた能楽堂と違っていて見つからなくて、開演時間近くになるまで周辺をウロウロしていました。わからなかったので(周辺に能楽堂があるような感じがしなかったので…)駅に近くに戻り道行く方に尋ねたら、なんと大槻能楽堂を教えられました。
確かに駅は同じでしたが……( ̄○ ̄;)
能楽堂探しの探検となったビックリ仰天した今となっては懐かしい思い出です。
山本能楽堂は、こじんまりしていますが、落ち着いた風情ある畳じきの能楽堂なので、お気に入りの能楽堂になりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。