文楽4月公演

  • 2008/04/26(土) 21:26:06

富樫

 先日、「文楽」4月公演を観てきました。

 公演前に、文雀師の楽屋を皆で訪ねる事に・・・。
舞台前なので、ご挨拶だけで早々に失礼するつもりでしたが、
文雀師・吉田和生師が人形のしくみを、とても詳細に解説して下さいました。「カシラ」のしくみや、操作の難しいところ等々・・・。公演で遣われる人形を間近で見せていただき、感心するやら、恐縮するやら、驚くやら・・・。
とても勉強になりました。

「競伊勢物語」では、豆四郎・信夫の最期に接する、
文雀師による[母]小よし。・・・あまりに悲しすぎる
「勧進帳」は能「安宅」でもおなじみの曲。文楽ならではの演出で興味深い。
すっきりした展開で初めての方にもおすすめ。

「文楽」(4月公演)
第1部・午前11時  第2部・午後4時開演
於 国立文楽劇場
【第2部】
「競伊勢物語」 [玉水渕の段]  [春日村の段]
「勧進帳」

4月27日(日)千秋楽

《IXY-D 10》

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する